FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

大阪 | 地域情報 | EDIT

三光神社真田丸化計画!真田の抜け穴抜けて大阪城へ!!

今日営業の人が来て一言!
「真田丸の大河ドラマ決まったらしいよ!」
思わず
「えっ!なんですか?」
と聞き返してしまった。
どうやら真田幸村のNHK大河ドラマが真田丸と言うタイトルで決まったようである。
最初真田丸の事を船かなんかと思っていた甲冑と知り合った4年前!
あの時真田丸について調べているうちに宮司さんと出会い
そして色々とお世話になりっぱなしの日々を過ごす。
ず~っと前の事のように思えたが
それだけ濃厚な時間をこの数年過ごしていたのだろうと思う。
そんな宮司さんが当時言っていた話・・・。

「昔桜が舞い散る季節、
その時はすごくこの辺りも賑やかで1回だけ
三光神社から大阪城まで練り歩いて行ったことがある。
それがすごく良かってなあ、もう一回出来たら大阪城に行きたいなぁ・・・。」

その夢、出来たらいつか叶えてあげたいな・・・。

いつもそのことは気に掛けてはいるが中々叶えてあげれない日々が続く。
どうすれば大阪城に行けるのか?
何をすれば大阪城への道が見えるのか?
色々な試行錯誤な日々が続く。
時には見えたと思ったこともあった。
しかしそれはまた蜃気楼のように消えて行く。
一筋の光が見えたと思ったこともある。
しかし深淵の暗闇の中に埋もれて行く。
見えたと思っては消えて行くの繰り返し。
そんなことの繰り返しを続けつつ今に至る・・・。

まさに大阪城への道は見える所に存在しないのか?
それは今は途切れてしまったこの三光神社にある
真田の抜け道を通るに等しい所業と言うことなのか?
大阪城への道、
それはもうこの世には無いのかもと絶望と挫折に打ちひしがれる
鈍痛のような重圧だけが圧し掛かってくる気分である。

そんな暗闇の中まるで真田の抜け穴を抜け出たような一筋の光明を見る。

それは自分の甲冑を作り上げれた瞬間である。
こちらの甲冑のこと!
「真田山ブランド1号機!ショーリン専用ハイブリッド甲冑!!」

自分の甲冑を作ってみたくてみたくて 
ず~っと試行錯誤していた時に出来た1領!
いま同じものを作れと言われても気力、根気、集中力が持たなくて
もう作れないなと思っているマイ甲冑!
その甲冑を作れたことが自分の中ではすごく自信になっている。

その応用技術で作った2代目の子供用甲冑!
こちらの甲冑のこと!
「真田山ブランド2号機!1day甲冑真田山小学校モデル完成!!」

一応シンプルではあるがいつか宮司さんの夢を叶えるものになれればと思い
ショーリンとしての技術の粋を集めてデザインして作ったつもりである。
なのでこの子供用甲冑は如何せん近所の子供にすごく評判がいい。
それは三光神社界隈でも同じであった。
そんな甲冑を宮司さんも気に入ってくれたようである。
そんな宮司さんが決断を下す。

「これで近所の子供たちを連れて大阪城に行く!」

それが今まで陽炎のようにしか見えていなかった道が
はっきりと見えた瞬間であった。

大阪城への道!
それは現代に残された真田の抜け穴といっても過言ではないかもしれない。
それくらい人には見えない険しく細く狭い針の穴を通り抜けるような道かもしれない。
しかしこの時そんな小さな穴が大阪城と三光神社の間に開いたような気がした。
この抜け穴を通って大阪城にたどり着けるか?
その戦いはすでに始まっている・・・。

時は平成25年9月、
この真田山地区がにわかに真田幸村の波動を感じ始めたころであった。

真田丸計画はここから始まった!
「三光神社真田丸化計画! 企画書①!!」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

| 三光神社真田丸化計画 | 16:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/633-80e3bd55

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT