FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 | 地域情報 | EDIT

日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!

これは甲冑と出会って夢中になっていた時思いついた夢物語である・・・。

ここ地元真田山では真田幸村はとっても有名!
しかし歴史音痴な私には何の事だかさっぱりという所であった。
何と言っても真田丸のことを船の名前って思っていたぐらいですからね!
ハハハハハ・・・。
しかし最初は無知でもそのことばかり聞いているとだんだん詳しくなるものですね。
今では自分でも信じられない位
真田幸村の事は知ったかなって感じです。
そんなちょっと詳しくなったとき想像が暴走した頃がありました。
その暴走した夢物語がこの日本一の兵化計画です。
姉妹計画に三光神社真田丸化計画ってのもありましたけどね!

真田幸村とは大阪冬の陣の時にこの地で勝利した武将で
知力、勇気、決断力を有した
まさに知将、武将の象徴と言った存在として真田山では語られている。
その幸村の率いた軍勢、
真田の赤備え!
その真紅の甲冑に六文銭と言う出で立ちは
戦国の世でも突出した存在という所であった。
なので自分が興味を持っているのもその真田の赤備えであり
マイ甲冑も同じ赤備え仕様で作ってある。

こちらの甲冑のこと!
「真田山ブランド1号機!ショーリン専用ハイブリッド甲冑!!」

そんな赤備えで試着体験をすると
まあ~それはそれはすごい人気でいつも長蛇の列ができる。
そしていつも言われるのが
「この甲冑自分のも欲しい!」
である。
そうは言っても中々簡単に作れる代物ではない。
しかしそれでも如何しても作りたいと言う人が後を絶たないってところです。
そんな光景を見ていて思ったのが
この甲冑の事をどんどん多くの人に知ってもらうために
色んな人に作ってもらう。
そしてまた一人また一人と甲冑を持っている人が連鎖式で
甲冑を広めて行ってくれる。
多分最初は地元レベルって感じで赤備えを持っている人が増えて行くと思います。
(自分の場合はこの真田山地区ですね。)
そうするとその甲冑で町おこしをしようって人も出てくるでしょうね。
そして共感する人が集まってきて大きなうねりになっていく。
そしていつかは大きな成功を収める日がやってくるでしょう。
そうするとその真田山の成功事例を見て天王寺区が興味を持って来る。
そして同じようなことをしようとトライしてくるでしょう。
そして成功すると今度は中央区が興味をもってくる。
そして同じことをして成功するとまたその隣の区が・・・。
その繰り返しで大阪市がそして大阪府がとなっていく。
この規模に来ると今度は都道府県別レベルになり
そしてその波は全国に広がって行く。
そして星野監督が野球が盛り上がる為には
東と西が強くなきゃいかんと言ったような勢力図になったりするかも!
そして競い合って日本自体が強くなっていく。
そして気が付くと世界の中で日本は1番になっていることでしょう。
その時世界の人々が口をそろえて言う言葉
それが・・・、
「日本一の兵どもよ」 
って所である。
そんな絵空事みたいな話の切っ掛けが
この真田山でしているちっちゃなちっちゃな取り組みが発端だとしたら
それはまさに男のロマンってもんじゃないですか~などと4年前の当時
よく頃考えていましたね。

三光神社で子供相手に試着体験をしてますと
いつかこの中に真田幸村の化身の子がいて
赤備えを身にまとった時この世に蘇り
この日本一の兵化計画を実現させるかもなんて想像しています。
まあ自分が何故今ここにいるのかなってずっと思っていますが
最近この真田の抜け穴とその前に立つ真田幸村像を見ると
自分は三光神社の神様に呼ばれたのかなって気になります。
もしくは幸村に呼ばれたのかなってね。
まあそんな科学では証明できないようなことかもしれませんが
最近はそれもありかなって気にもなっている今日この頃です。
それでは物事は石の上にも3年という通り
あの日から4年経った現在は少しずつではありますが
何かが芽を出してきたような気がします。
まだそれは小っちゃな小っちゃなものですが何かをきっかけに
一気に大きくなりそうな気がします。
ではそれを楽しみにコツコツとこれからも続けて行くことに致しましょう・・・。

続きはこちら!
「100人分のリトル赤備え用兜!遂に完成!!」

こちらのカテゴリは
「日本一之兵化計画」

日本一の兵化計画の中にはこんなのもありますよ!
カテゴリ 「三光神社真田丸化計画」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

| 日本一之兵化計画 | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/634-5d7422eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT