FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

修理 | 車・バイク | EDIT

17万キロ超えオデッセイのオイル漏れの原因はこれ!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2も
17年も乗っていると色々な発見があったりします。
今回気付いたのはこんな事でした!

オイル漏れは10万キロを越えた辺りからは長い付き合いになっている。
主に原因はエンジンのオイルシールの劣化と思っていたが
今回もしかしたら
「違うかも?」
ということに気付く!

長距離を走った後はよくエンジン下にオイル漏れ痕があるのだが
時々それが
今までのオイル漏れが嘘みたいに止まっている時がたまにある。
「まあこんな調子のいい時もあるのかな?」
といつもは思うようにしていたが
ある点検をした時
今まで思い込んでいた原因に違和感を覚えるきっかけを見つける。
「それって一体・・・。」
自分が感じた違和感!
それはオイル点検の時に感じたオイルの量についてである。

DSC04782_R.jpg
ショップの人にオイル交換の時
「オイル漏れでオイルが減っている時があるので
たまにチェックして下さいね!」

と言われて以来
エンジンルーム内のオイルゲージの棒を抜いて時々チェッ~ック!
そして減っている時はいつも
「また減るだろうな!」
と言うことでいつも上限いっぱいにオイルを入れる。
しかしどうやらそこに思わぬ落とし穴が出来ていたかもしれない。

DSC04781_R.jpg
いつもは①の上限いっぱいの所までオイルを足している。
しかし思い起こしてみるとその直後からは
よく長距離を走るとオイル漏れしている気もする。
そしてオイル漏れがましだなと思ってチェックした時は
オイル量は②の中間くらいの所が多かったような気がする。
その時ハッと思いました。
「もしかしてオイルは漏れているんではなくて溢れているのかも!」
と・・・。
そう思った時今回オイルは半分位減っていましたが
継ぎ足しすることはせずそのまま乗ってみることにしてみました。
すぐには結果が分からないので
しばらく様子を見て確認してみることにします。


(追記!)
後日(1ヶ月後)の様子です。
思った通りこの1か月間はエンジン下にオイル漏れの跡はありませんでした。
オイルの量もほぼ許容範囲内の半分くらいでした。
この結果から見ると最近のオイル漏れの原因は
オイルシールの隙間などからの漏れではなく
どうもオイルの入れすぎによって起きた
オイル溢れが原因だったような気がします。
それを考えると旧車ならではのオイル漏れはいつも使っている
オイル漏れ止め剤ですでに完全に止まっていたのかもしれません。
ちょっとしたオイルの量ですがこのゲージ半分の違いが
オイル漏れを発生させる境目になっていたように思います。
旧車にとって
「許容範囲内なら大体大丈夫。」
と言った点検がどれほど大きく影響するのかが
今回よく分かりました。
「オイル量!されどオイル量!!」
バカに出来ませんねオイルの量って!
これからもこまめに様子を見て
愛車オデッセイを労わってやりたいと思いました。

(追記!)
平成28年3月28日。
バッテリー交換の時オイル漏れしている場所を発見。
やはりエンジン下部より上部からの漏れが要因であった。
詳細な場所はこちらに書いておきましたので
ご参考にどうぞ!
「オデッセイのバッテリー交換とオイル漏れ箇所の発見!」

(追記!)
平成28年7月6日。
こちらの修理内容で長く続いたオイル漏れ止まりました。
「18年目オデッセイのオイル漏れを完全に止めた修理内容!」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
18万キロの時オイル漏れ修理した記事なども書いてますよ。
「オデッセイ18万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

オデッセイに装着中のショックレビューはこちら!
カテゴリ「ショック情報」

ユーザー車検レビュー 一覧はこちら!
「オデッセイ!ユーザー車検レビューの過去一覧表!!」

オデッセイの知ってると得するかも情報はこちらのカテゴリ
「ホンダオデッセイ」へどうぞ!

| メンテナンス | 15:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/676-5dae95e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT