FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

大阪 | 地域情報 | EDIT

文字彫刻のご紹介!角ゴシック文字編!!

まずは角ゴシック文字のご紹介!

DSC04825_R.jpg
こちらが超硬の彫刻刃でカッターと読んでいます。
かなりの硬度がありステンレスもこれで彫ります。
刃先の赤丸部分で文字の太さや彫刻方法を調整。
左から 1.5φ、1.0φ、0.5φ の刃となります。

DSC04824_R.jpg
彫刻だけの状態。
色入れ前の状態ですね!

DSC04829_R.jpg
色を入れた状態。
先程の3種類の刃で彫刻色入れした状態ですが
パッと見たところどこが違うの?って感じですね。
でも結構これが違うのでご説明を!
文字が角ゴシックと言うことでデータ上では
赤丸の部分はピン角(直角)となっています。
しかし彫刻刃で削ると刃先の太さによってこの角部分が変わってきます。
一応刃の半分のRが付いているので
よく見てみると刃が太いほど文字のカドが
0.25R、0.5R、0.75Rと丸くなっています。
「それが重要なの?」と思われるかもしれませんが
この部分を気にする気にしないで彫刻の加工時間が
変わってきますのでご説明を!

DSC04832_R.jpg
0.5φカッターの切削データ!

DSC04833_R.jpg
1.0φカッターの切削データ1

DSC04834_R.jpg
1.5φカッターの切削データ!

刃が太くなる程切削幅も大きく出来るので
切削ピッチ(ハッチング)を大きく取れます。
そうすると切削時間が短くなります。
彫刻のお見積りは主に時間計算なので
予算優先の時は太めの刃物で彫れる文字がお勧めとなります。

もっとお勧めな文字、丸ゴシック文字のご紹介!
「文字彫刻のご紹介!丸ゴシック文字編!!」

他の文字彫刻のご紹介はこちら!
「文字の種類と彫刻方法のご案内!」

彫刻、切削についてのお問い合わせは
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネットのお問い合わせ」
にてどうぞ!

| 彫刻&エッチング切削加工 | 06:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vivati.blog93.fc2.com/tb.php/681-480644c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT